サービス内容

特殊清掃

特殊清掃とは

特殊清掃は、人が部屋で亡くなられた際に行う清掃を指します。人が部屋で亡くなられた際には血液や体液などによって汚れが付いたり、腐敗による臭いが染み付いたりしてしまいます。その場合、特殊な薬や機械を使って部屋を元通りにします。

最近では悲しいことに、自殺だけでなく高齢者の孤独死数が増加しています。とくに、高齢者の孤独死は発見が遅れる場合が多いです。こうした社会の状況から、特殊清掃の需要は高まっています。

特殊清掃の洗浄方法

1. 体液や汚物の除去
遺体の発見が遅れると、体液や汚物の腐敗で悪臭が漂い、菌やウイルスが繁殖します。まずは、その汚れの元となる体液や汚物を除去します。最新の科学による機械や消毒能力が高い薬剤を使って、部屋を徹底的に洗浄します。

2. 汚れの付いた家具の撤去
次に、体液や汚物が付いてしまい使えなくなった家具を撤去します。撤去したあと、家具があった場所を再び薬剤を使って消毒します。ウイルスや菌が繁殖するもとを徹底的になくすためです。

3. 害虫の駆除
遺体がひどく腐敗している場合、害虫が発生していることがあります。害虫は一度だけの洗浄では完全に駆除できません。害虫はウイルスや菌を媒介し、感染病の原因になります。何度も徹底的に殺傷能力の高い薬剤を使用することで、完全な駆除が可能になるのです。

4. 消臭・消毒
最後に、念入りに部屋のあらゆる箇所を消臭・消毒します。汚れが取れない箇所は解体することがあります。たとえば、壁やフローリングの溝では、壁紙を張り替えたり、フローリングを解体して新しいフローリングにしたりすることもあります。再び使用できるようにするため、部屋を元通りにします。

注意事項

安易に自分で特殊清掃をするのはやめてください。
目に見えない細菌は、生涯付き合わなくてはならない病をもたらす危険性があります。

孤立死の現場では、不用意に何かに触れたことで、感染症を患ってしまうことや、自分が感染症に感染していることに気付かず、他人(第三者)に感染させてしまったり、目などの粘膜にダメージを受けることもあります。

また、何も考えずに、部屋に入ってしまいますと、今までに嗅いだことの無い臭いを嗅いでしまい、驚かれるケースや、故人がC型肝炎等の感染症を患っていたことを知らずに、床に染み込んだ体液に触れてしまい、同じ感染症を患ってしまうケースもあるため、亡くなった原因が感染症か否かという情報も重要となります。

特殊清掃から遺品整理まで遺族の方に寄り添って、サポートさせていただいております。特殊清掃でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

メニュー

•エコノミープラン

除菌、消毒、消臭、いしゅう汚染物の梱包(処分は含みません)

 

•スタンダードプラン

除菌、消毒、消臭、汚染物の梱包/処分(1トンまで)

 

•デラックスプラン

除菌、消毒、消臭、汚染箇所の解体、汚染物の梱包/処分(1トンまで)

 

•遺品処分

事故現場での遺品の処分(別途)